黒予

本日は5限終了後、きっちりと闘牌やりましたっ
黒龍王トーナメント。

予選A 三人打ち(東南戦)
AグループとBグループに分かれて戦い、各グループ1位が勝ち抜け、2、3位は予選Bへ回る

予選B 四人打ち(東風戦)
予選Bで2位だった者は持ち点27000点スタート、3位者は23000点スタートとなる
上位2名が決勝ステージへ進出

決勝ステージ 四人打ち(東風戦)
予選A勝ち抜き2名…オープンリーチ解禁
予選B勝ち抜き2名…後付け解禁


優勝者のみ【黒龍王】の最上位称号を手にすることが出来る。
副賞、賞状もアリ。


とりあえず、一番問題視されていた予選Aの三麻で、韋駄天炸裂。
あれは三人打ちで通用するか否か微妙なところだったのですが、手役での破壊力が非常に恐い現役【三麻王】と、どんなくず手も引きで変える、【ツモの女神】が恐かったので、“俺に出来ること”だけに徹しようと、とにかく足でかき回す策を取ったところ、意外にこれがハマる。
引き次第では満貫が狙えるような手も、鳴いて鳴いて2翻でアガったり、とにかく相手の大物手を蹴って蹴って蹴りまくる。
「アガりたい」と「アガる」では0と100の違い。と愛読書「韋駄天」で学んだので、相手が“アガりたい”手をこちらが先に“アガり”、流れを掴ませないよう維持する…それだけを考えて打ちました。

結果としては1位突破だったけども、やっぱ打点が低い分、ホンっとオーラス最後の一牌まで全く気が抜けない状態。
もう軽く慣れ親しんだオーラスの2着目との点数差ではあるものの、やっぱこういう大きな大会での“それ”はドッキドキもの。
オーラスでツモの女神に一度2900ツモをやられたときはどーなることかとマジで焦りましたが、やっぱ最後まで貫けば道は見えてくるもの。
オーラス一本場でしっかりと仕留めて終了。


みんな心の中、表面化ですげぇ盛り上がってくれて、自分と、相手と闘ってくれて、一牌一牌しっかり自問自答してくれて、結果と感想と後悔の念をブログに書いてくれて…勝った人も負けた人もいるけれど、俺はこういう熱い試合が出来ることそのものが嬉しいし、そうやって熱意を持って麻雀してくれてることに感謝してます。
やっぱやるからにはマジで、だよね。

こういうところから雀士として、人として強くなれるんじゃないかな?って俺は思ってます。


決勝であたる

はるるさん
グレイモンさん
いわやさん

そして残念ながら敗退してしまった

暴威さん
白狐尾さん


よろしくお願いします。

俺も全力で走らせていただきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

グレイモン
2008年02月29日 07:57
やっぱり千鳥さんが予選A突破ですか~。
途中まで観てたけど、親の時の連チャン、安くても強い。

俺は運で上がったようなものですが…。

が、初上位称号を取るために負けません。

はるるさん何か持ってるね(☆o☆)

この記事へのトラックバック